検査のしくみ



2.検査の流れ(こめ)
スクリーニング検査と詳細検査

■ベルトコンベア式放射性セシウム濃度検査器を用いてスクリーニング検査を行います。
■この結果、スクリーニングレベルを超過した検体は、県のゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマ線スペクトロメトリーによる詳細検査を実施します。




追加検査(H29年度米から実施)
■県産米の安全性をより一層詳細に確認するため、H29年産米から追加検査を実施しています。

<< 戻る

ふくしまの恵み安全対策協議会
©2013 All rights reserved by ふくしまの恵み安全対策協議会