エゾハリイカ (コウイカ)
ふくしまの恵み安全対策協議会
放射性物質検査情報
福島県内で水揚げされた エゾハリイカ (コウイカ) は、出荷前から定期的に放射性物質の自主検査を実施し、基準値以下であることを確認しています。
生産地:
期間(検査日):
検査点数:
地域の選択:
検査日の選択: ※
※ 過去のデータは、検査日の選択で[期間を指定]を選択すると表示できます。
25
ベクレル/kg 未満
25~50
ベクレル/kg
51~75
ベクレル/kg
76~100
ベクレル/kg
検査点数
割合
・ このグラフは、便宜上、スクリーニング検査と詳細検査(※)の結果を合算しております。なお、詳細検査(※)実施したものは、その結果を反映させています。
※ H29年産米からは、追加検査の結果も含みます。
・ 放射性セシウムは、セシウム134とセシウム137の合計値。
・ 割合は、スクリーニング検査と詳細検査の合計点数に対する割合であり、小数点第4位及び第5位未満を四捨五入しています。
※NaIシンチレーションスペクトロメータ等の分析装置により、自主分析を実施した結果を掲載しています。
※検査の結果、放射性セシウムが50ベクレル/Kgを上回った場合は、福島県がゲルマニウム半導体検出器による検査を実施し、その測定値を掲載しています。
  放射性セシウムについて
一般食品(乳児用食品を除く)として1kgあたり100ベクレルの基準が設定されています。
  NaIシンチレーションスペクトロメータ等の分析装置により自主分析を実施した結果を掲載しています。
検査の結果、放射性セシウムが50ベクレル/Kgを上回った場合は、福島県がゲルマニウム半導体検出器による検査を実施し、その測定値を掲載しています。